FC2ブログ

HID化改造(2)

HID化改造の続き。
購入した店にメールで連絡すると、即日不足していた部品を送ってくれました。ということで、夕方17時くらいからいそいそと交換にトライします。たぶん、配線よりも取り回し(収納)に苦労すると予想し、とりあえず今日は、動作確認&仮止め、くらいまでを目指します。

取り付け前の状態。
120307b.jpg

先日紹介した、ヘッドライトの交換の手順でフロントカウルを外し、HIDバルブを取り付けます。無理やり押し込んでますが、ゴムは加工せずに済みました。

120307c.jpg

今回はいわゆるリレーレスタイプのキットを選択しました。リレーありタイプは、電力自体はバッテリーから直結の線で供給し、H4端子からの電流は単にLo点灯・Hi点灯を制御するための信号として用います(と思います)。配線が複雑になりますが、電圧が安定しない古い車種ではリレーありタイプの方が良いとされています。悩んだ末、35Wならダイジョブだろうと勝手な推測でポチりました。リレーレスタイプの配線図はこちら(販売店サイトから借用)。

120307h.jpg

とりあえず配線図どおりにつないで、内臓バラバラのまま、試運転。

x3mはセットアップコントローラは写真の状態(両方とも"1")でHi/Loきちんと点灯するようです。

しかし、しばらくて確認していると下記のような状況で、ちょっと不安定です。
 (1)エンジン始動時に、パチッと瞬くだけでうんともすんとも点灯しないことがある。
 (2)始動時に点灯しても、アイドリング状態で、何かの拍子にスカッと消灯することがある。
 (3)いったん消えると、エンジンをアオっても点灯しない。
 (4)セットアップコントローラのスイッチをパチパチして、ON-OFFすると点灯する。

原因は電圧不足だろうと今のところ推定しているのですが、リレーユニットを購入してバッ直で電力を供給するか、もしくはバッテリーを交換かな、と思っています。

120307d.jpg

「走り出したら安定するかもしれないし、とりあえず、消えちゃったらセットアップコントローラをパチパチさせるってことで様子見ようか」ということにして(←イイカゲン)、セットアップコントローラ部分をインシュロックでハンドル周辺に仮止めします。(本来は見えないところに収納してかまわない部品です。)

120307e.jpg

で、内臓をフロントカウルにテキトウに詰め込んで、今回は仮止めのつもりで、インシュロックでそこそこに固定してフタをしてしまいます。x3mはメーターの裏側に割とスペースがあり、ここにバラストを入れました。あと細々したのはライトの上辺りにごちゃごちゃと(笑)。詰め込みで一生懸命だったので、写真はありません(笑)。

交換後のライト周り。頭は金属のシェードで覆われており、Hi/Loを切り替えるとこのシェードの中でバルブごと、前後にスライドします。頭でっかちで目立つかと思ったらそうでもなし。

120307g.jpg

周囲を試運転してきました。印象としては、必要十分に明るいです。
ビックリするほど明るくはないですが、とりあえず夜間巡航はできそう。写真が上手くないので、あまり実感できないと思いますが、交換前後の明るさを比較してみました。(クリックで拡大)

120307a.jpg

で、しばらく走行してみても、やはりふとした瞬間に、例えば、アイドリング+ストップライト+ウィンカーの波状攻撃をくらうと、プスンと消えてしまいます。30分の市街地運行で、10回くらいはスイッチをパチパチしました。ポジションランプを消して省エネ、と思ったのですが、あまり効果がなさそうです。夜間にプスンと切れてポジションランプナシだと真剣に困るので、とりあえず従来に戻しました。

さて、以前からバッテリーはかなり弱まっている印象を持っていたので、日を改めて電圧などをあたってみて、これからどうするか考えることにいたましょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gen2rider

Author:gen2rider
リターン原2ライダー。TDR125。

一人でうろうろしていました(過去形)。

コメント・トラックバック・リンクはお気軽に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR