FC2ブログ

マルチメーターのバッテリ電圧表示

前回の記事で途中まで触れて書き忘れましたが、マラグーティのx3mにはデジタル式のマルチメータが付いており、バッテリの電圧を表示する機能があります。(取扱説明書には、エンジン始動前にバッテリの残量確認としてチェックすべしと書いてある。)

120311-h.jpg

このバッテリメーター、MINからMAXまで8個のバーグラフ表示になっているのですが、実際の電圧はわかりません。

今回、バッテリの端子間電圧をテスターで測定したので、これの電圧と照らし合わせてみました。
測定点数があまり多くありませんが、結果を下のグラフに示します。(クリックで少しだけ拡大)

voltage-1.jpg

一次の回帰直線が示すように、たぶん11.5~13.5Vくらいの範囲を等間隔でバーグラフにしているのではないかと思います。
データのばらつきが大きいので、信頼性低いですが、普段のチェックの際の参考くらいにはなると思います。

さて、GSユアサのホームページでは、正しいバッテリの電圧として、下記のように書かれています。

 電圧  充電状態
 13.0V  100%
 12.4V   60%
 11.8V   20%
 10.5V   0%

上記のグラフが正しければ、マラグーティのメータで6コマ点灯していれば十分フル充電状態、と言うことになり、ちょっとおかしいような気もしますね。

下限の方は、充電して回復する分はともかく、「いくら充電しても11V出ないようならバッテリー交換」、と言われているようですので、目安としてはマラグーティのメータでmin.に貼り付いたらそろそろ交換かな、という感じで考えればよいかと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gen2rider

Author:gen2rider
リターン原2ライダー。TDR125。

一人でうろうろしていました(過去形)。

コメント・トラックバック・リンクはお気軽に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR