FC2ブログ

赤穂御崎

半日のふらふら徘徊。

新しいタイヤを試すべく、道の駅みつ~あいおい白龍城あたりを目指して走って行きました。このあたりは「七曲」とか言って、地元の走り屋が好んで走るワインディングロードなのです。

白龍城は何回来てもコンセプトが分からないな~と思いつつ、さらに赤穂御崎の辺りへ迷い込みました。

この辺りは小さな温泉街になっていまして、インターロックの洒落たメインストリート(一応)から一歩小路に踏み込もうとすると、そこはすべてホテルとか宿泊施設のアプローチになっていて、玄関の前に藤色の着物を着た女性スタッフがお客様のお付きをお待ちしている、温泉街特有のあの感じ。

私自身は、温泉街のこういう雰囲気があまり得意じゃないのです。バイクで冷やかしという負い目もあるのですが、何と言うかもうちょっとほっといて欲しい、というそんな気持ち。(わかります?)

ここの温泉も、どこもたいてい「日帰り客もOK」の看板はあったのですが、温泉に入りたいわけじゃなくて少しの間バイクを停めさせてもらって散歩したいんだけどな~、と思いつつ、神社の駐車場に迷い込んでバイクを停車しました。


海に向かって建つ伊和都比売神社。

130607d.jpg

オシャレっぽいピザ屋さん。平日の昼間だったので準備中。

130607c.jpg

よさげな感じの雑貨屋さん。平日の昼間なので上に同じ。
こういう海の見える坂道小道のたたずまいって雰囲気あってそそられますよね。でもどこもお休み。

130607b.jpg

海辺の温泉街っぽいたたずまい。

130607a.jpg

遅い昼ごはんを、「海の駅しおさい広場」で取ろうと思ったのですが、その前に記念写真。

130607e.jpg

と思ったら、平日のヘンな時間帯なので閉まっていました(笑)。
ということで、いつもの道の駅みつまで戻って、地元のパン屋さんの卸している菓子パンをかじって帰宅。

さてどのくらいタイヤの皮むきできたかな。って。

130607g.jpg

・・・「アマリング」とか言うレベルじゃねえ(笑)。

130607f.jpg

いい年のオッサンだから安全運転で良いんだ・・・。


TOD 6000km超えました。


おしまい

スポンサーサイト



1600±5グラム

ヘルメットを買い換えました。

久しぶりに乗り始めるにあたっては、「そんなに事故するもんじゃなし、メガネも面倒だから」ということでジェットヘルを使っていたのですが、いろいろな事故例を見るうちに、原2でもフルフェイスの方が良いかなと思うようになりました。

メガネ男子としては、今流行のシステムヘルメット(あごのところがパカッと開くヤツ)に惹かれたりもしたのですが、安全面ではもちろんジェッペルよりはマシではあるが、フルフェイスには及ばないという位置付けになっているらしい、とのことで見送り。

SHOEI、ARAIあたりのはさすがに手が届かないなあなんて思いつつ、数ヶ月考えてたら、近くの洋品店でコイツが9800円の超特価で売っていました。

130603a.jpg

MHRのLS2 Esprit、ブラックメタリック。かなりラメラメしたタイプのメタリックです。カッコイイ。
インナーバイザーがジャキーンと出るヤツ。これが欲しかった。
ワタクシ、日差しに弱いくせに、夜は夜で明るくないとコワくて運転できない体質なので、これはかなりありがたいのです。

純正でミラータイプのインナーがついています。別売で他の色もあるようです。

130603b.jpg

頭のエアインテーク。買ってすぐちょっと走ってみましたが、左側はなんともないのに右側だけ開けるとめっちゃ風切り音がピューピューします。「やっぱり日本製とは作りこみが違うな」と思いましたが、数時間走ったら音はしなくなりました。なんだったんだろう。

130603c.jpg

内装はエアーマックスとか言う新素材。かぶり心地は悪くありません。SHOEIあたりとかぶり比べるとさすがに「違うな」と思いますが、あくまでSHOEIの作りこみがスゴすぎて「違うな」と思うのであって、これはこれで十分許容範囲なのであります。

数時間走った感想としては、
 ・まず、これが1万円(あるいは1.5万円)なら十分だ、ということ。
  安全性はさすがに実際に事故してみないとわかりませんが、使用面では何の不自由も安っぽさもありません。
 ・インナーバイザーはすごく便利。トンネルとか明暗が切り替わる場面でも慌てない。
  ジャキーンと出てくるのは良いのですが、若干バネが強すぎる。そのうち磨耗したら引っ込まなくなりそう?
 ・風切り音はさすがにSHOEI、ARAIあたりの作りこみには負けるかな、という感じ。
  ただしジェッペルに比べると雲泥の差で静かです。
 ・1600±50グラムらしいですが(XLサイズ)、バランスもよく数時間なら重たいと感じることはなし。
 ・首のヒモが異常に長いので、風でヒラヒラする。スナップで端っこを止めておかないと、マジで高速巡航中にペシペシペシペシ・・・とヒモの端っこのアタックに遭います。

一点文句をつけるとすると、メガネ着用者の場合メガネをしようと思うと、メガネのツルの部分があたる部分が硬質で弾力がない素材のため、ちょうど良いところにメガネのツルを差し込めず、ツルを耳にかけられないのです。メガネをかけられるないことはないのですが、ヘルメットのクッションとクッションの間にツルを差し込んでる感じで、耳にはかかっていないと言う状態。なれればどうと言う事はないのですが、凸凹でバウンドすると視界がぐわんぐわんします。

ちょっと説明が分かりづらいですが、メガネライダーなら伝わるはず(と信じます)。
メガネと顔の形にも左右されると思いますので、購入を検討されている方は実際に店頭で試着することをオススメします。


あと、金欠のヤケクソで、1リットルの携行缶も買いました。航続距離の短い車種の生命維持装置。
これで山中でガス欠しても20kmくらい走れます(笑)。

130603d.jpg

どこかに漏れたガソリンが付いていたのか、部屋中がガソリンくさいです。今。



プロフィール

gen2rider

Author:gen2rider
リターン原2ライダー。TDR125。

一人でうろうろしていました(過去形)。

コメント・トラックバック・リンクはお気軽に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR