FC2ブログ

燃費

マラグーティx3mは燃料計がありません。負圧キャブだからコックがないって言ってリザーバもなし。燃料警告灯は付いています。但し現時点、何ℓで点くのか現時点不明。
今のところ、燃費もよく分からないので、昔ながらにたまにタンクを開けてちゃぽちゃぽやって残量を確認しています。

気になる燃費(個人的にはあまり気にならない)は2回目の給油は167km/4.97ℓで33.6km/ℓ。(1回目はノーカウント。)
タンクはカタログ値9ℓらしいので、ガス欠覚悟なら300kmくらい行ける計算。200km超えたら給油するくらいの感じでいいかな。

給油は、給油口が細くて中が見えないので、セルフ給油で欲張って入れようと思うと、ガソリンをこぼしやすいです。
スポンサーサイト



初挑戦ラーツー(略式)

道中、ラーメンを作って食べるツーリングを略してラーツーと称すると知りました。カップめんでも袋インスタントでも良いようですが、自分でお湯を沸かして「作って食べる」のが流儀のようです。急遽最低限のラーツー装備を揃え、x3mに慣れる目的も兼ねて近場ツーリングに出かけました。

まずは、呑吐ダム(の展望台)。関西のライダーの聖地と某巨大掲示板で読み、どんなところかとまずは寄ってみました。どういう意味で聖地かは分からずじまい。

120222a.jpg

続きを読む

プラグ交換 @ 2500km

購入前からバイク屋にも「小排気量、単気筒ですから、始動性は…」と釘を刺されていたのですが、エンジンのかかりは悪いです。特に朝の1回目はもちろん悪いですが、下手すると1時間足らずの休憩の後もアヤシかったりします。正直YBRのほうが良かったと後悔しても遅い。

おまじないかもしれませんが、ある日あまりにもかからなかったので、買ってあったイリジウムプラグに変えてみました。

バイク用品店に行っても、店頭で良く見る「車種毎対応表」に、マラグーティx3mが載っているわけがなく(苦笑)。
マニュアルでの指定は、NGK CR7HSA か DENSO U22FSR-U。これに対応するイリジウムは、DENSOではIUF22らしいので、それを買って帰りました。

右側が古いプラグ。左側がイリジウムの新プラグです。先端が尖がってて、いかにもバチバチ火花飛びそうでしょ。

120223a.jpg

前オーナーは一つ熱価の低いCR6SHAを入れていたようでした。でも、プラグは真っ黒。かからなくて散々苦労したあとのせいかもしれませんので、とりあえず標準番手で様子を見ます。

最後のひとセルだったのかもしれませんが、プラグ交換後、エンジンはセル一発で始動しました!
旧プラグではエンジンかかった後、暖機完了まで何度かぷすんと止まってたのですが、それもなし。
おまじない以上の効果はあるのではないかと現時点は思っています。

(追記)
その後バイク屋で知ったのですが、サイドスタンドセンサーがある車種は、サイドスタンドは上げて始動したほうが良いようです。ある機会にバイク屋に持っていったときに、バイク屋のあんちゃんがサイドを下ろして数度セルを回してかからず、その後サイドを上げて一発でかけたのです。「どうやってかけた?」と聞くと、「サイドスタンドが上がっているとかからない車種があるんです」と言う。…それは知ってる。

で、「x3mは、サイドが下りていてもNに入っていればエンジンがかかることになっている」と主張すると、双方「?」状態になってしまい、論理的に納得はできませんでしたが、もしかしたら、エンジンがかかってる・かかってないの判定が微妙なときに、ふとした拍子でかかってないと判断して、いったんエンジンを停めて初期状態に戻ってしまう、とか、そんなことがあるのではないかと今のところは勝手に推察しています。(Nに入っていればそんな判定もする必要ない気もするんですが。)

ヘッドライト交換

納車時にまず気になったのが、ヘッドライトの暗さ。中古で買ったので、純正かどうか分かりませんが、マジ提灯レベル。
後ろから自動車が来ると、自分の影が黒々と前に投影されるほど暗くて笑えます。街灯のない田舎道に入ると、ホントに前が見えなくて恐怖感を覚えるレベルです。

効果があるかどうか分かりませんが、いわゆる高能率球に変えてみます。
マニュアルの指定は、ハロゲン H4球 35W/35W。H4球自体は一般的なのですが、小ワット数ということであまり選択肢がなく、結局原2定番のマツシマの高能率球に取り替えてみました。

これです。



まずはカウルを共締めしている、ウィンカーを外します。

120221a.jpg

続きを読む

x3m納車 (回想)

マラグーティx3mの前は、YBR125Gという重慶ヤマハの原2に乗っていました。

111104l.jpg

これはこれで良いバイクで気に入って乗っていたつもりだったのですが、自分でもどういう必然性があるのか分からないまま、中古のx3mを見つけ、見に行って気がついたら調印してました。

YBRは最初からブラック本命。で、x3mの時もどっちかといえばチタン色の方が良いなと思いつつ見に行ったのですが、実物を見ると、ホワイトもなかなかカッコイイ・カワイイという感じで、まぁ正直、ひと目で良いなと思ってしまったわけです。2008~09年ものだと思うのですが、何せ距離が短く、錆はところどころありましたが汚い色褪せはなし。聞くと年配の男性が大事に乗っていた(乗っていなかった?)とのこと。

これは乗って帰る途中のコンビニ休憩時の写真。YBRに比べるとかなりハンドルの幅が広く、かつ近いです。お尻を置く場所は自由度がありますが、いずれにせよYBRよりもさらに上体は垂直に近く、風の抵抗をモロに受ける体勢です。

03.jpg

ツートンのシートがオシャレでしょ。縫い目がきちんと入っててこういうとこの作りがイタリアぽい(勝手な想像)。マラグーティはスクーターがメインですが、シートが本革のもあるらしいですよ。中身(クッション)も上質で、長時間乗ってもお尻が痛くなりません。但しYBRでもお尻が痛いという人もいるので、ワタシのお尻が経年変化で鍛えられているのかも。

各部の写真はFlikrにだらだらとアップしてますので、そちらで見てください。
http://www.flickr.com/photos/forestww/sets/72157629169150711/detail/

それにしてもこのマルチディスプレーは分かりづらい。バイク店でも操作方法を完全に把握していないようで、納車時総距離は2600kmと聞いていたのに、90kmくらい乗って家に着いた時には何故か2445km(笑)。

19.jpg

2012年2月4日納車、ここからしばらくの間のおつきあいになります!

malaguti x3m motard

勢いで、イタリアのスクーターメーカー・マラグーティなるところの、モタード車を中古で買ってしまいました。
(経緯はまたお話しする機会があると思います。)

主に自分用の作業メモ、あるいは旅日記として、順不同で記して行きたいと思っておりますのでよろしくお願いします。

02.jpg
107.jpg
101.jpg
プロフィール

gen2rider

Author:gen2rider
リターン原2ライダー。TDR125。

一人でうろうろしていました(過去形)。

コメント・トラックバック・リンクはお気軽に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR