FC2ブログ

ドナドナされました

x3mは買い取っていただきました。

130320a.jpg

さ・よ・う・な・ら~


スポンサーサイト



マラグーティ終わります。(予定)

なんか自分でも呆れてしまいますが、また乗り換えることにしました。
どうしようもない飽きっぽい人間か、さもなくば金にモノを言わせて次々乗り換えるヤなヤツ、と思われそうですが、自分的には初恋の成就っぽい気持ちのほうが大きいんですよね(ちょっと違うんですけど)。

・・・ハナシは、2年前くらいにさかのぼります。   長いよ。



 

続きを読む

グリップ交換 ドミノ倒し

得意になって充電しながら(前のエントリー参照)、懸案のグリップ交換をしました。

前のdominoのグリップ。指先辺りがワッフル加工になっていて、スロットルロッカー要らずの優れもの形状で、とても気に入っていたのですが、ハンドガード取り付けの際に無計画に切り刻んでしまい、見た目重視としては成就してない印象で気になっていたのです。

130226a.jpg

まずは前のグリップを外します。大き目のマイナスドライバーを突っ込んで、奥を狙ってクレ556を一吹き。コジリながらドライバーをグルリと一周させると簡単に外れました。

130226b.jpg

556はマジックリンで「脱脂」して(貧乏なのでパーツクリーナーとか持ってない)、両方に薄く専用接着剤を塗り、あとはチカラワザで新しいグリップを挿入。プロは圧空を使うらしい。

130226c.jpg

今回もdominoです。ワッフルは付いてないタイプ。非貫通でオフ用にワッフル付のがあるようですが、今回は貫通タイプが前提だったのであえなく見送り。

ハンドガードを元通りに取り付けて完成。

130226d.jpg

なかなかカッコよくなったと思います。


若干記述が投げやりなのは、記事が完成して保存ボタンを押した途端、記事をFC2ブログに丸っぽ消されたからです。

以上。

プラグイン・ハイブリッド・バイク(?)

時代の流れで、とうとう私のバイクもプラグインハイブリッドになりました。ただ今充電中。

130225a.jpg

というのはもちろんウソで(苦笑)、1ヶ月に1度程度しか乗らないので安価な充電器を購入しまして、フツウに補充電の最中です。

で、何がスゴイかというと(というか別にスゴくもないのですが、)この充電器にバッテリーに直接付けるターミナル形の配線に加えてワンタッチのプラグ式の配線が付属していたので、思いつきでプラグ式のをバイクに常設してみました。このバイクはバッテリーがシート下にあっていちいちシートを開けるのが面倒くさいのですが、これならこの通りいつでも気軽に充電できます。

130225b.jpg

普段は線をシートの下のすき間に押し込んで、プラグをキャリアの根元のシートで雨がかからない場所に引っ掛けておきます。

130225c.jpg

ショートしたら一発ですから、毎日天候に関わらず乗る方にはオススメできませんが、思いつきながらやってみると結構便利なので、一度雨に打たれるまでこの状態で使用してみます。

お約束ですが真似される方は設置場所を考慮して自己責任でお願いします。ショートした場合はバッテリーもしくは電気系統に重大な損傷が発生することがあります。

ウィンカーのLED化

x3mのヘッドライトのあまりの暗さに驚愕し、楽天の安物HIDに交換して1年になろうとしていますが、やはり寒い時期はバッテリーに負担が大きいのか、始動してすぐは特に、ウィンカー+ブレーキランプ点灯時などのタイミングでぷつんと消灯してしまいます。

ブレーキランプ、ナンバー灯は先日LEDに換装済みなので、今回はとりあえず「最初ぐずっても、1回点いたら消えない」ことを目標に、さらにウィンカーをLED化することにしました。

ウィンカーのLED化に躊躇していたのは、下記の問題の可能性があるからです。

(1)電球に比べてLEDが低消費電力のため、いわゆるハイフラッシャー(ちかちかが早くなる)が起こる。
(2)ウィンカーパイロットランプが兼用の場合、両方のウィンカーが点くことがある。
(3)4つ交換するとそれだけで高価(笑)。

いずれも((3)以外は)対策があり、専用部品が売られています。(1)はウィンカーリレーをICリレーと呼ばれているタイプに交換すること、(2)はパイロットランプ兼用車用ハーネスとか言う名前で売っていますが、少し電気の知識があれば自作できそうな気がします。

(1)対策で、消費電力が減った分を電気抵抗でムダに消費してハイフラッシャーを解消する製品もありますが、これは今回のように省エネ目的でのLED化には全く意味がありませんので注意しましょう。(よく読むと製品のパッケージとかに書いてあります。)

ということで、とりあえず、今回はLEDバルブとICリレーをバイクセブンで調達しトライしました。
それぞれ一択でそれしかなかったので一式DELTA製を選択。総額1万円くらいになりましたが、ネットで安物を探せばもっと安いのがあるということに後から気付きました。


まずは電球をLEDに交換します。

x3mは、写真の赤矢印の部分のネジを外してクリア部品を外し、さらにオレンジ色の内側カバーをガチャポンのカプセルを外す要領で外します。

130131a.jpg

電球を外し、LEDを取り付けますが、ワタシの場合、一つだけどうしても点灯しない箇所がありました。
不良品かと思ったのですが他の箇所では点くものも点かないので、車体側の問題で、おまけに電球に戻せば元通り点灯する。
ちょっと焦りましたが、写真矢印の端子を引っこ抜き、反対に接続すれば点灯するようになりました。これは、LEDが電球と異なり一方向にしか電気が流れないことによります。新車の時から反対だったのか、それとも誰かが修理の際に間違えたのか・・・、電球であればこの極性は問題にならないのでそれはナゾのままです。

130131b.jpg

無事LEDに交換できました。

130131c.jpg

さて、この状態でエンジンをかけてウィンカーを点けてみると、案の定チカチカが早くなりました。
(余談ですが、この現象を「玉切れ警告」であるとありがたみを付けて納得させる記載もありますが、点滅が早くなるのは単なる電気回路上の挙動です。)

x3mは左サイドにウィンカーリレーがありますので、サイドカバーを外してウィンカーリレーを露出させます。赤矢印の奥まったところにあるのがリレー。

130131d.jpg

端子を引っこ抜いてリレーを外します。いわゆる2端子式です。
何かもの凄く熱変形しているんですけど、大丈夫なんでしょうか・・・・。

130131e.jpg

購入したのが3端子式のものだったので、グラウンドを半導体の放熱板っぽいところのネジに固定し、他の端子をあてずっぽうで差し込みます(笑)。点灯したほうが正しい配線です。
ちなみにグラウンドはアースしなくても動作したんですけど・・・、よく分からないのでとりあえずアースしておきます。

130131f.jpg

これで、安定してチカチカするようになりました。完成。寒いのでまた機会を改めて夜中の試運転に出かけたいと思います。

ところで、今回気付いたのですが、シートを固定するボルト、左右2本のうち1本がどっかに行っちゃってました(恐)。プロご用達の店で探しあてたのが六角穴つきボルトM6×60。写真のように全ネジじゃなくて半ネジが良いと思います。たぶんホンモノは55mmくらい。

130131g.jpg

10本入っていたのであと9回紛失できます。

プロフィール

gen2rider

Author:gen2rider
リターン原2ライダー。TDR125。

一人でうろうろしていました(過去形)。

コメント・トラックバック・リンクはお気軽に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR